特許活用
「目検出技術」
他にはない唯一のサービスを

パナソニックや自社の「特許技術」を活用した「目検出技術」は、あらゆる「目周辺情報」を検出可能!「ドライバーセンシング、アイトラッキング、生体検知」などの先端テクノロジーにご活用いただける汎用性の高い要素技術です。

▼ 手軽に「目検出技術」を試せる
”デモアプリ”を配信中!

目センシング アプリ <スマホ・タブレット>

〜デバイスカメラで高精度に目関連データを取得!〜

特許を活用した”独自のアルゴリズム”を用いて、「眼位」「視距離」「まばたき」を、お手持ちのスマートフォンやタブレット搭載の「デバイスカメラ」で高精度に取得可能。
本「目検出技術」を手軽にトライアルできる「デモアプリ」です。ぜひ、お試しください。

Download on the App Store GET IT ON GooglePlay
目センシング アプリ 目センシング アプリ
センシングやアイトラッキングの精度を上げたい

センシングやアイトラッキング
の精度を上げたい

視線を付加価値にして UXを向上したい

視線を付加価値にして
UXを向上したい

WEBカメラを利用した 生体検知を実装したい

WEBカメラやスマホカメラを
利用したアプリを作りたい

〜このような課題を「目検出技術」が解決します〜

「目検出技術」の特徴

1.WEBカメラ / スマホカメラでも手軽に利用できる

従来は赤外線カメラを用いていた「目検出」を、独自の技術で「WEBカメラ」や「スマホカメラ」、「PC搭載カメラ」などの身近な「可視光カメラ」で使えるように開発し、カメラネックを克服しました。手軽に高精度な「目検出技術」をご利用いただけます。(メガネ着用可)

2.「まばたき」や「視距離」、「メガネの有無」なども検出可能

開発を重ねることで、瞳や目以外に「まばたき」や「視距離(推定)」、「メガネの有無」などのあらゆる目周辺情報の取得を実現しました。
詳細は、機能紹介動画にてご確認ください。

<動画>目検出技術 機能紹介動画

3.独自のアルゴリズムによる高い精度

パナソニック社特許技術の活用、および独自の「画像処理手法、瞳孔・虹彩判定アルゴリズム」を編み出すことにより、ヒトの目や、目の周辺情報を高精度に検出することを実現しました。
新規導入だけでなく、他社技術からのお乗り換えもお問合せいただいています。精度、使い勝手ともに、ぜひご比較ください。

4.SDK提供が可能

従来は製品(完成品)での提供が多かった目検出技術ですが、当社では「SDK(ソフトウェア開発キット)」を提供しているため、様々な製品/サービスに組み込んで本機能を実装できます。貴社で1から開発していただくより遥かに時間を短縮でき、比較的容易に既存サービスのアップグレードや付加価値創造が可能です。

5.「生体検知」や「視線検出」など応用範囲が広い

「目検出技術」は、「瞳」だけでなく「上下まぶた」や「目頭・目尻」などの位置も同時に取得しています。「視線検出」としてドライバーセンシングにご活用いただいたり、「まばたき」を検出して「生体検知」としてご活用いただくことも可能で、幅広いニーズをカバーします。

「目検出技術」で検出できるもの

  • 目・瞳 (虹彩外縁)
    目・瞳 (虹彩外縁)
  • 上下まぶたの位置
    上下まぶたの位置
  • 目頭・目尻
    目頭・目尻
  • まばたき(生体)
    まばたき(生体)
  • 視距離(推定)
    視距離(推定)
  • メガネの有無
    メガネの有無

「目検出技術」の機能詳細については、「インターフェース仕様書」を公開しておりますのでダウンロードしてご確認ください。

Topic

スマホカメラを用いた「目検出(瞳検出)」

本技術は、身近な「WEBカメラ(可視光カメラ)」で瞳を検出できるため、スマートフォンやノートパソコンなどの「デバイス搭載カメラ(インカメラ)」でも高精度に利用可能です。静止画からの目検出はもちろん、リアルタイムでも検出した瞳を追従できるため、アイトラッキング・視線検出にも活用できます。

スマホカメラ×視距離推定 by 目検出(瞳検出)技術

「スマホ画面(カメラ)」と「目」の距離を推定できる機能です。(PCでも可能)

<動画>スマホカメラでの視距離推定の様子
※スマートフォンで全画面再生すると等倍感覚でご覧いただけます

スマホカメラ×メガネ有無判定 by 目検出(瞳検出)技術

メガネ装着の有無を判定できる機能です。(PCでも可能)

<動画>スマホカメラでのメガネ有無判定の様子
※スマートフォンで全画面再生すると等倍感覚でご覧いただけます

スマホカメラ×まばたきカウント by 目検出(瞳検出)技術

「まばたき」を正確に検出し、カウントできる機能です。(PCでも可能)

<動画>スマホカメラでのまばたきカウントの様子
※スマートフォンで全画面再生すると等倍感覚でご覧いただけます

「目検出技術 (SDK)」の活用例

「目検出技術」は、主に「アイトラッキング」「センシング」「画像処理/画像認識」関連での活用が進んでいます。次世代テクノロジーへの採用はもちろん、精度向上やUX向上にクローズアップした既存技術のアップグレードにもおすすめです。

目検出SDK

アイトラッキング関連

  • 自動車(車載)
  • マーケティング
  • VR(仮想現実)
  • ヘルスケア(心理学など)

センシング関連

  • ヒトのモニタリング
    (視線,集中力,眠気,居眠り)
  • 生体検知(金融・決済)
  • 生体センシング

画像処理/画像認識関連

  • カメラ、スマホアプリ
  • 顔認識/顔認証
  • 虹彩認証
  • ヘルスケア(眼科など)

<動画>ドライバーセンシング「居眠り検知」のデモ動画

「目検出技術」に活用している特許技術

「目検出技術」活用特許

特許登録番号 特許権者 タイトル
1 JP3598109 パナソニック株式会社 虹彩コード生成方法、個人認証方法、虹彩コード登録装置および個人認証装置
2 JP6717477 株式会社スワローインキュベート
パナソニック株式会社
画像処理方法、画像処理装置、及び画像処理プログラム

「目検出技術」の導入フロー

「目検出 SDK」をご購入いただく場合の参考フローです。
導入に関するご質問や、お見積もりご依頼は「お問合せ」よりお気軽にご連絡くださいませ。

「目検出技術」SDK価格・料金

「目検出技術」は、現在「SDK (ソフトウェア開発キット)」を販売しています。
お見積もりは無料ですので、お気軽にお問合せくださいませ。また、SDK以外の提供方法をご希望される場合もその旨お問合せください。

無料トライアル

スマートフォン・タブレットで、手軽に目検出技術のトライアルができる「デモアプリ」をご用意しました。
ご利用は無料ですので、技術精度の検証や使用感などを、ぜひお試しください。

OS・デバイス ダウンロード
1 iOS:iPhoneやiPadをご利用の方 Download on the App Store
2 Android:アンドロイド搭載のスマホやタブレットをご利用の方 GET IT ON GooglePlay

資料

本技術の資料(ホワイトペーパー)を無料でダウンロードできます。ぜひご利用ください。

技術紹介パンフレット

ページ数 / 1ページ

目検出技術の要点がわかる技術紹介パンフレットです。

PDFダウンロード
PDFダウンロード

インターフェース仕様書(可視光版)

ページ数 / 37ページ

目検出技術のインターフェース仕様書です。

PDFダウンロード
PDFダウンロード

会社案内パンフレット

ページ数 / 3ページ

「ヒューマンセンシング技術」を開発/提供している当社の企業概要パンフレットです。

PDFダウンロード
PDFダウンロード

FAQ(よくある質問)

Q目検出技術では何が取得できますか?
A目・瞳(虹彩の外縁)、上下まぶた位置、目頭/目尻の位置、まばたき、視距離(推定)、メガネの有無等が取得できます。
機能の詳細は、「インターフェース仕様書」をダウンロードしてご確認いただけます。
Q瞳孔は検出できますか?
A「赤外光版/目検出技術」を使用して検出可能です。ご希望の場合はお問合せください。
Q「メガネ」着用で、目検出はできますか?
A可視光カメラを使用しているため、室内環境下や、極端な照度変化がない環境では問題ありません。ブルーライトカットメガネ着用時のレンズへの強い映り込みや、太陽光の強い映り込みは、影響を受ける場合があります。
Q「サングラス」着用で、目検出はできますか?
Aサングラスの種類にも寄りますが、サングラスを着用されていると「目」を検出できないため、本技術をご利用いただけないことがほとんどです。よろしければ検証動画をご参照ください→「サングラス×目検出技術 検証動画」
Q「マスク」着用で、目検出はできますか?
A一般的なマスクであれば可能ですが、マスクの形状により検出が難しい場合もございます。よろしければ検証動画をご参照ください→「マスク×目検出技術 検証動画」
Q目検出の速度はどれくらいですか?
Aご利用環境にもよりますが、おおよそ「1フレーム 100ms」程度です。
Q目検出技術で使用するおすすめの「WEBカメラ」はありますか?
AWEBカメラは、Logicool <C270>を推奨しています。詳しくは「推奨WEBカメラ」をご参照ください。
Q提供方法を教えてください
A現在は、「SDK(ソフトウェア開発キット)」を提供しています。
その他の提供方法をご希望される場合は、お気軽に「お問合せフォーム」よりご連絡くださいませ。

その他のご質問やお見積もりはお気軽にどうぞ

 お問合せフォーム
Top
Top