目検出(瞳孔検出・虹彩検出)技術
Pupil detection technology

パナソニックの特許技術を活用した、「目検出(瞳孔検出・虹彩検出)SDK」を開発。瞳孔検出は、画像認識や視線検知(アイトラッキング)などのテクノロジーに活用されています。

目検出(瞳孔検出・虹彩検出)技術

「目検出(瞳孔検出・虹彩検出)技術」とは

「目検出(瞳孔検出・虹彩検出)技術」とは、顔や目の画像から「瞳孔」および「虹彩」を検出する技術です。
目検出(瞳孔検出・虹彩検出)技術は、「目を開いているか閉じているか」の判別はもちろん、瞳孔の状態から「興味関心の有無」を判定したりなどもでき、様々な分野での活用が期待されているテクノロジーです。

「目検出(瞳孔検出・虹彩検出)SDK」の概要

「SDK」とは、「ソフトウェア開発キット(Software Development Kit)」の略で、ソフトウェア開発に必要なプログラムや技術文書などをひとまとめにした「開発ツールのパッケージ」のことで 。
当社の「目検出(瞳孔検出・虹彩検出)技術」「SDK化」したものが「目検出(瞳孔検出・虹彩検出)SDK」であり、本SDKを開発にご利用いただくと、手軽に「瞳孔検出(目検出)技術」をお試しいただけます。
また、同機能の「目検出(瞳孔検出・虹彩検出)API(Application Programming Interface)」も開発しています。

「目検出(瞳孔検出・虹彩検出)

「目検出(瞳孔検出・虹彩検出)SDK」の特徴

従来、「瞳孔検出」や「虹彩検出」に用いられてきた「OpenCV」などの「ハフ変換(Hough変換)による円検出」では、アジア人に多い「細目」「まつげ」「まぶたの影響」により、高精度な円検出を行 うことが困難でした。
本「目検出(瞳孔検出・虹彩検出)エンジン」では、パナソニック社特許技術の活用および、独自の「画像処理手法、瞳孔・虹彩判定アルゴリズム」を編み出すことにより、目画像から高精度に「瞳孔位置」および「虹彩位置」を検出することが可能になりました。
検出にかかる時間も、1つの目画像あたり「わずか数十ミリ秒」と高速に処理できます。(※ご利用のマシンのスペックなどに依存します)

Topic

当社の「目検出(瞳孔検出・虹彩検出)エンジン」が撮影・検出した実際の画像です

可視光カメラを用いた撮影画像

「可視光カメラ」は、スマートフォンやノートパソコンなど各種デバイス搭載のカメラ(インカメラ)でもご利用可能です。

  • 両目検出の様子
    両目検出の様子
  • メガネ着用でも可
    メガネ着用でも可

赤外線カメラを用いた撮影画像

「赤外線カメラ」は、瞳孔/虹彩を検出できます。虹彩模様もくっきりと撮影できるため、虹彩認証にもご利用いただけます。

  • 通常時の目(瞳)
    通常時の目(瞳)
  • 暗所の目(瞳)
    暗所の目(瞳)
  • 細目・まつげが長い目(瞳)
    細目・まつげが長い目(瞳)
  • メイク・まつげエクステの目(瞳)
    メイク・まつげエクステの目(瞳)
  • LEDが映り込んでいる目(瞳)
    LEDが映り込んでいる目(瞳)
  • ピンボケの目(瞳)
    ピンボケの目(瞳)

これまで検出が困難であった画像からも正確に「瞳孔位置・虹彩位置」を検出できます

本SDKに活用している特許技術

「瞳孔検出(目検出)」活用特許

特許登録番号 特許権者 タイトル
1 JP3598109 パナソニック株式会社 虹彩コード生成方法、個人認証方法、虹彩コード登録装置および個人認証装置

「目検出(瞳孔検出・虹彩検出)SDK」の活用例

「目検出(瞳孔検出・虹彩検出)技術」は、正確に「瞳孔の位置」を検出できるため、「注視点検出」としてもご利用いただけます。
また、「瞳孔径の変化」を用いて無意識下での「興味関心」を測ったりと、「マーケティング分野」でのご活用も可能です。

視線検知・アイトラッキング

視線検知・アイトラッキング

doze

居眠り検知

マーケティング

マーケティング

ヘルスケア

ヘルスケア

居眠り検知デモ動画

瞳孔収縮と瞳孔・虹彩追従検出の様子

「目検出(瞳孔検出・虹彩検出)SDK」の導入フロー

「目検出(瞳孔検出・虹彩検出)SDK」を導入するまでの参考フローです。
ご質問やお見積もりご依頼は「お問合せ」からお気軽にご連絡くださいませ。

Top
Top