パナソニック特許活用
「目を検出できる技術」
既存技術のアップグレードを

「パナソニックの特許技術」を活用した「目検出技術」は、ヒトの「瞳」を検出することで「ドライバーセンシング、アイトラッキング、生体検知」などの先端テクノロジーにご活用いただける汎用性の高い要素技術です。

センシングやアイトラッキングの精度を上げたい

センシングやアイトラッキング
の精度を上げたい

視線を付加価値にして UXを向上したい

視線を付加価値にして
UXを向上したい

WEBカメラを利用した 生体検知を実装したい

WEBカメラを利用した
生体検知を実装したい

〜このような課題を「目検出技術」が解決します〜

「目検出技術」の特徴

1.WEBカメラ / メガネ着用でも手軽に瞳を検出

従来赤外線カメラで行なっていた「目検出」を、WEBカメラでも手軽に検出できるよう開発しました。また、今まで発生していた赤外光カメラによるメガネの反射もなくなり、メガネ着用時においても高精度に検出でき、PCやスマホの既存カメラでも十分にご利用いただけます。

2.瞳検出の応用でまばたきを検出可能

高精度な「目検出」を使って、瞳や目以外に「まばたき」も優れた精度で検出できます。
詳細は、ぜひ動画にてご確認ください。

3.独自のアルゴリズムによる高い精度

パナソニック社特許技術の活用、および独自の「画像処理手法、瞳孔・虹彩判定アルゴリズム」を編み出すことにより、ヒトの目から高精度に「瞳孔位置」および「虹彩位置」などの検出を可能としました。
検出にかかる時間も、1つの目画像あたり「わずか数十ミリ秒」と高速に処理できます。(※ご利用のマシンのスペックなどに依存します)

4.SDK提供が可能

従来は製品(完成品)での提供が多かった目検出技術ですが、当社では「SDK(ソフトウェア開発キット)」を提供しているため、様々な製品/サービスに組み込んで本機能を実装できます。貴社で1から開発していただくより遥かに時間を短縮でき、比較的容易に既存サービスのアップグレードや付加価値創造が可能です。

5.「生体検知」や「視線検出」など応用範囲が広い

「目検出技術」は、「瞳」だけでなく「上下まぶた」や「目頭・目尻」などの位置も同時に取得しています。「瞳」を検出して「視線検出」としてご活用いただいたり、「まばたき」を検出して「生体検知」としてご活用いただくことも可能で、幅広いニーズをカバーします。

「目検出技術」で検出できるもの

  • 目・瞳 (虹彩外縁)
    目・瞳 (虹彩外縁)
  • 上下まぶたの位置
    上下まぶたの位置
  • 目頭・目尻
    目頭・目尻
  • まばたき(生体)
    まばたき(生体)
  • 瞳孔・虹彩
    瞳孔・虹彩

Topic

WEBカメラ(可視光カメラ)を用いた「目検出(瞳検出)」

「WEBカメラ(可視光カメラ)」で瞳を検出できるため、スマートフォンやノートパソコンなどの「デバイス搭載カメラ(インカメラ)」で本技術をご利用可能です。静止画からの目検出はもちろん、リアルタイムでも検出した瞳を追従できるため、アイトラッキング・視線検出にも活用できます。

  • 両目検出の様子
    両目検出の様子
  • メガネ着用でも可【特許出願中】
    メガネ着用でも可
    【特許出願中】

WEBカメラ(可視光カメラ)を用いた「アイトラッキング/視線検出」

検出した瞳を元に、「アイトラッキング/視線検出」している様子を動画でご覧ください。

<動画>瞳追従(アイトラッキング/視線検出)の様子

赤外線カメラを用いた「瞳孔/虹彩検出」

「赤外線カメラ」をご利用いただくと、「瞳孔/虹彩」を検出できます。
パナソニックの特許を活用し、これまで撮影の難しかった「細目」や「まつげ」をクリアし、照度条件の違いによる「瞳孔径の変化」にも対応できます。虹彩模様もくっきりと撮影できるため、「虹彩認証」にもご利用いただけます。

  • 通常時の目(瞳)
    通常時の目(瞳)
  • 暗所の目(瞳)
    暗所の目(瞳)
  • 細目・まつげが長い目(瞳)
    細目・まつげが長い目(瞳)

<動画>瞳孔収縮と瞳孔&虹彩追従検出の様子

「目検出技術 (SDK)」の活用例

「目検出技術」は、主に「アイトラッキング」「センシング」「画像処理/画像認識」関連での活用が進んでいます。次世代テクノロジーへの採用はもちろん、精度向上やUX向上にクローズアップした既存技術のアップグレードにもおすすめです。

目検出SDK

アイトラッキング関連

  • 自動車(車載)
  • マーケティング
  • VR(仮想現実)
  • ヘルスケア(心理学など)

センシング関連

  • ヒトのモニタリング
    (視線,集中力,眠気,居眠り)
  • 生体検知
  • 生体センシング

画像処理/画像認識関連

  • カメラ、スマホアプリ
  • 顔認識/顔認証
  • 虹彩認証
  • ヘルスケア(眼科など)

<動画>ドライバーセンシング「居眠り検知」のデモ動画

「目検出技術」に活用している特許技術

「目検出技術」活用特許

特許登録番号 特許権者 タイトル
1 JP3598109 パナソニック株式会社 虹彩コード生成方法、個人認証方法、虹彩コード登録装置および個人認証装置

ほか、出願中

「目検出技術」の導入フロー

「目検出 SDK」をご購入いただく場合の参考フローです。
導入に関するご質問や、お見積もりご依頼は「お問合せ」よりお気軽にご連絡くださいませ。

「目検出技術」SDK価格・料金

「目検出技術」は、現在「SDK (ソフトウェア開発キット)」を販売しています。
お見積もりは無料ですので、お気軽にお問合せくださいませ。また、SDK以外の提供方法をご希望される場合もその旨お問合せください。

資料

本技術の資料(ホワイトペーパー)を無料でダウンロードできます。ぜひご利用ください。

技術紹介パンフレット

ページ数 / 1ページ

目検出技術の要点がわかる技術紹介パンフレットです。

PDFダウンロード
PDFダウンロード

インターフェース仕様書(可視光版)

ページ数 / 30ページ

目検出技術のインターフェース仕様書です。

PDFダウンロード
PDFダウンロード

会社案内パンフレット

ページ数 / 3ページ

「ヒューマンセンシング技術」を開発/提供している当社の企業概要パンフレットです。

PDFダウンロード
PDFダウンロード

FAQ(よくある質問)

Q目検出技術では何が取得できますか?
A瞳(虹彩の外縁)、上下まぶた、目頭/目尻、瞳孔、虹彩の位置、まばたき が取得できます。
また上記をもとに、視線や生体、居眠り/眠気などの検知に応用できます。
Q可視光カメラで瞳孔は検出できますか?
A一般的に黒目と呼ばれる目(アジア人の目)の瞳孔位置は「可視光カメラ」では検出不可ですが、本技術では「赤外線カメラ」を使用して検出できます。
Q居眠りや眠気などの「行動」を検知できますか?
A本技術では「まばたき」が検出できるため、居眠りや眠気などの行動を、目をつぶっている時間や頻度などで定義すれば取得できます。
Q目検出技術で使用するおすすめの「WEBカメラ」はありますか?
AWEBカメラは、Logicool <C270>、サンワサプライ <CMS-V45S> を推奨しています。
詳しくはこちら 「推奨WEBカメラ」をご参照ください。
Q提供方法を教えてください
A現在は、「SDK(ソフトウェア開発キット)」を提供しています。
その他の提供方法をご希望される場合は、お気軽に「お問合せフォーム」よりご連絡くださいませ。

その他のご質問やお見積もりはお気軽にどうぞ

 お問合せフォーム
Top
Top